埼玉県の葬儀事情なら埼玉ライフスタイル

埼玉のお葬式事情をご紹介!

埼玉のお葬式事情をご紹介します。一般的な斎場選びのこつをご紹介するとともに、埼玉県に伝わる独自の葬儀の風習やしきたりを数例ご紹介しますので、実際の埼玉県の葬儀に参列する際の参考にしていただければと思います。また、葬儀を執り行う立場になったときに、メリットの大きい公営斎場を埼玉県内の郡別にご紹介いたします。

斎場選びのコツ

昨今の葬儀は斎場で執り行うケースが増えています。以前は自宅で行うことが多かったのですが、家族構成や住宅事情が変わってきたことから外部の斎場へとシフトしてきています。
斎場といってもその種類はいくつかあります。
代表的なものとして、公営斎場、民間運営貸式場、葬儀社保有斎場、菩提寺、集会所があげられます。どの斎場を選ぶのかは、故人や喪主の仕事関係や交友関係をもとに予想される葬儀の規模と予算が大きなポイントとなります。

埼玉県でのお葬式のしきたり

全国各地で葬儀に関して様々な風習や独自のしきたりがあります。埼玉県のある地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけて「お見舞い」の表書きを書いた袋を用意することがあります。これは故人が入院中にお見舞いに行けず申し訳ありませんでしたというお詫びの意味でほかの地域では見られない風習です。また、葬儀の際に男性の参列者が死装束の一部を身に付けて、葬儀に参列するという風習もあります。このほかにも埼玉県に伝わる風習・しきたりをご紹介します。

埼玉県内の斎場

埼玉県を北埼玉郡、南埼玉郡、北葛飾郡、北足立郡という、伝統的な区分けで見たときの、それぞれの地域にある公営斎場をご紹介します。公営斎場を選ぶメリットはいくつかありますが、火葬場と併設されている斎場が多く、葬儀をスムーズに行う為にたいへん合理的に設計されていて、移動のための霊柩車やマイクロバスは必要なく、民間式場などとくらべると葬儀全体の費用が低く抑えられるということが大きなメリットです。

注目の記事

ページTOPへ