埼玉県の葬儀の風習としきたり

埼玉県でのお葬式のしきたり

お通夜の香典に紅白の水引

さいたま市のような都市部では斎場で一般的な葬儀が執り行われていますが、秩父などの地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけて「お見舞い」の表書きを書いた袋を用意することがあります。この風習を知らない喪主や他の地域の人は大変、驚くことになります。これは、もちろん葬儀をおめでたいと思っているわけではなく、故人が入院中にお見舞いに行けず申し訳ありませんでしたというお詫びの意味を「お見舞い」という表書きに込めたもので、遺族への気遣いを表しているといわれています。

参列者も死装束の一部を

埼玉県の北部地域では、葬儀の際、男性の参列者が死装束の一部を身に付けて、葬儀に参列するという風習があります。
本来、死装束は故人が身にまとう衣装で、白が基調のため白装束と呼ばれることもあります。死装束が白なのは、浄化や穢れのない清らかさを表したもので、故人の血縁の女性が一針ずつていねいに手縫いをするもので、この世に留まることがないように、留め縫いや帰し針などをせずに作られたものでした。

混在する前火葬と後火葬

埼玉県では、葬儀・告別式のあとに火葬をする「後火葬」の地域と、通夜の翌朝、葬儀・告別式の前(葬儀当日の朝)に火葬を済ませ、葬儀・告別式は骨葬を行う「前火葬」の地域が混在しています。
これは、埼玉県だけではなく、全国的にみても後火葬と前火葬が混在する地域が結構あるようです。
葬儀の流れを大きく分けると、遺体で葬儀を営む「後火葬」と遺骨で葬儀を営む「前火葬」の2つに分けられますが、前火葬の場合、さらに火葬のタイミングで、通夜も遺骨で営む「骨葬」に分かれます。

隣組(となりぐみ)とは?

戦前の国策として推進されていた「隣組」の制度の名残りが今も残っている地域があります。
たいていの場合、隣組の機能は町内会等の自治会に引き継がれていますが、一部の県の郊外などで「隣組」のまま残っているところもあるようです。
埼玉県秩父地方でも「隣組」は残っていて、地域の冠婚葬祭の手伝いを行っているようです。
秩父地方の葬儀の進め方やしきたりなどが独自のもののため、近隣の住民が「隣組」として葬儀の受付や進行を手伝ってくれるのです。

通夜振る舞いは取らない?

通夜の後に参列者を飲食の席へ誘導し、参列のお礼と故人への供養の場とする習慣があります。これを通夜振る舞い(つやぶるまい)と呼びます。この習慣は地方によって違いがあって、食事やお酒を供するのではなく、用意したお菓子を持ち帰ってもらったり、お茶だけ振舞ったりするところもあります。
一般的に、関東地方では親族だけでなく、一般の参列者にも食事やお酒を供する通夜振る舞いを行い、関西地方では、親族とごく親しい知人だけがお通夜の会食をして、一般参列者には料理を振舞うことは稀(まれ)だといわれています。

注目の記事

ページTOPへ