参列者も死装束の一部を身につける

参列者も死装束の一部を

埼玉県の北部地域では、葬儀の際、男性の参列者が死装束の一部を身に付けて、葬儀に参列するという風習があります。
本来、死装束は故人が身にまとう衣装で、白が基調のため白装束と呼ばれることもあります。死装束が白なのは、浄化や穢れのない清らかさを表したもので、故人の血縁の女性が一針ずつていねいに手縫いをするもので、この世に留まることがないように、留め縫いや帰し針などをせずに作られたものでした。
死装束は、仏教において浄土への巡礼の旅に出る修行僧の姿に由来したものですが、同じ仏教の中でも宗派によってはその装いが異なる場合もあります。
伝統的な死装束は、故人が左前に羽織る経帷子に三角頭巾、手甲、脚絆、足袋、草履、頭陀袋と六文銭、杖と数珠で構成されています。
埼玉県北部の風習は、その死装束のうち、金剛杖と三角頭巾を身に付けて参列します。三角頭巾はここでは「かんむり」と呼ばれています。
この風習は、参列者も死装束の一部をまとって故人を三途の川の手前まで見送りに行きますから、そこから先はおひとりで旅立ってください、という意味が込められているそうです。
白装束は浄土への巡礼の旅に出る修行僧の姿に由来したものですが、同じく仏教の中でも宗派によっては異なる場合もあります。
ほかの地域の人が驚きそうな風習ですが、故人を見送る気持ちがこのような形でこの地域に根付いたものと思われます。

注目の記事

ページTOPへ