お通夜の香典に紅白の水引

お通夜の香典に紅白の水引

埼玉県には独自の葬儀の風習がありますが、埼玉県全体の風習というわけではなく、県内の地域によって差異があります。さいたま市のような都市部では斎場で一般的な葬儀が執り行われていますが、秩父などの地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけて「お見舞い」の表書きを書いた袋を用意することがあります。この風習を知らない喪主や他の地域の人は大変、驚くことになります。これは、もちろん葬儀をおめでたいと思っているわけではなく、故人が入院中にお見舞いに行けず申し訳ありませんでしたというお詫びの意味を「お見舞い」という表書きに込めたもので、遺族への気遣いを表しているといわれています。通夜の席でこんな形で遅ればせながらのお見舞金をお渡しするという意味なのです。他にも秩父ではお葬式の受付で香典を渡すときに「ともに立ちますか?」と聞かれる場合がありますが、これは秩父地域の独自の表現で、「焼香後にすぐ帰らずに、精進落としまで同席しますか?」という意味です。葬儀にどこまで付き合うのかを確認するもので、故人の親族や故人と親しかった人たちがともに立つことになります。
精進落としと言えば、お酒がつきものですが、埼玉の農村部などでは、お葬式のときに近親者や親しい弔問客がお酒を口に含んで故人に吹きかけるという風習があります。これは、昔、殺菌や消臭のために行われていたことが、名残りで現代の風習となったものと言われていますが、これは埼玉県に限らず、他の県でもあるようです。

注目の記事

ページTOPへ