斎場選びのポイント

斎場選びのコツ

斎場の種類で選ぶ

昨今の葬儀は斎場で執り行うケースが増えています。以前は自宅で行うことが多かったのですが、家族構成や住宅事情が変わってきたことから外部の斎場へとシフトしてきています。
斎場といってもその種類はいくつかあります。
代表的なものとして、公営斎場、民間運営貸式場、葬儀社保有斎場、菩提寺、集会所があげられます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

予算から斎場を選ぶ

斎場を選ぶ際は、公営斎場、民間運営貸式場、葬儀社保有斎場、菩提寺、集会所、自宅等いくつか選択肢がある中から選ぶことになりますが、その時の選択基準として予算が重視されるケースが多いようです。
斎場の料金は、その大きさによって変わってきますので、参列者の人数をある程度予測して、それに見合う広さの場所を選定することが肝要です。何も考えずに「大は小を兼ねる」からと広い斎場を選ぶと、無駄に費用が嵩んでしまいます。
同じ程度の広さであれば、公営斎場や集会所の方が民間の貸式場よりも安い料金で利用できます。

規模から斎場を選ぶ

斎場の選ぶときのポイントとして、斎場の種類と予算についてご説明しましたが、その前提となるのが、葬儀の規模です。
葬儀の規模とは、すなわち参列者の人数です。参列者が多いか少ないかによって、斎場の規模が変わります。
一般葬を執り行う場合、正確な参列者の人数を把握するのは難しいですが、故人や喪主の仕事の関係や交友関係、そして年齢などによって、おおまかな予測を立てることは可能です。人数が多くなると予測されれば、それに見合った公営斎場や民間運営の貸式場の手配が必要になります。

注目の記事

ページTOPへ