斎場を予算で選ぶ

予算から斎場を選ぶ

斎場を選ぶ際は、公営斎場、民間運営貸式場、葬儀社保有斎場、菩提寺、集会所、自宅等いくつか選択肢がある中から選ぶことになりますが、その時の選択基準として予算が重視されるケースが多いようです。
斎場の料金は、その大きさによって変わってきますので、参列者の人数をある程度予測して、それに見合う広さの場所を選定することが肝要です。何も考えずに「大は小を兼ねる」からと広い斎場を選ぶと、無駄に費用が嵩んでしまいます。
同じ程度の広さであれば、公営斎場や集会所の方が民間の貸式場よりも安い料金で利用できます。
但し、公営斎場はその自治体に住んでいることが条件となるうえに、予約が多いため、待機日数を覚悟する必要がありますし、集会所は同じ町内の人に知られることから、家族葬や密葬には向きません。
「斎場利用料無料」というのを売りにしている葬儀社がありますが、その葬儀社を利用するのであれば、別途斎場を借りる場合よりも費用負担は軽くなります。
菩提寺を利用する場合は、貸式場を利用するよりも安い場合が多いですが、葬儀社を指定される場合があります。
自宅で葬儀を行う場合は、もちろん場所代はかかりませんが、葬儀の準備や参列者を迎え入れるための準備が必要となります。
予算で選ぶと、費用がかからないことを優先しがちですが、どういった葬儀を執り行うのが、故人や残された親族にとって最善なのかを考慮したうえで、予算についても考えたいものです。

注目の記事

ページTOPへ