斎場の種類で選ぶ

斎場の種類で選ぶ

昨今の葬儀は斎場で執り行うケースが増えています。以前は自宅で行うことが多かったのですが、家族構成や住宅事情が変わってきたことから外部の斎場へとシフトしてきています。
斎場といってもその種類はいくつかあります。
代表的なものとして、公営斎場、民間運営貸式場、葬儀社保有斎場、菩提寺、集会所があげられます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。
1.公営斎場
民間の斎場に比べて使用料が安いこと、火葬場が併設されていることも多く移動の手間がないというメリットがありますが、場所が不便であったり、それでも希望者が多いので、待ち日数が発生したりするデメリットがあります。
そして、公営斎場を利用するには、その自治体に在住していることが条件になります。
2.民間運営貸式場
公営施設に比べて、数が多いので待ち日数はあまりなく、交通の便の良い場所に立っていることが多いですが、使用料が高いのが難点です。葬儀社や飲食関係の業者を指定されることもあります。
3.葬儀社保有斎場
葬儀社の選択の余地はありませんが、その葬儀社の斎場なので、担当者が慣れていて融通が利くというメリットがあります。斎場費用も葬儀社のパック料金に含まれていて、リーズナブルなケースが多いです。
4.菩提寺
日頃から繋がりがあるので、慣れ親しんだ環境で葬儀を営むことができ、宗教的儀礼については僧侶と何かと相談ができるというメリットがあります。但し、葬儀社を指定されることもあります。
5.集会所
自宅近くにある集会所は、日頃から慣れ親しんでいる環境なのと、使用料が安いというメリットがありますが、町内に知られるので、家族葬や密葬には不向きです。

 

以上の特徴を勘案しながら、希望に沿う斎場を探してみることをお勧めします。

注目の記事

ページTOPへ